社会への取り組み

トップ > CSR・環境 > 社会への取り組み

KAWABEグループのCSRについて

KAWABEグループが社会を構成する一員として責務を果たすには、経営の根幹をなす社是「3F(スリーエフ)」の精神に則り、グループ社員一人一人が高いCSR意識を持って企業活動に携わりることが必要不可欠である。従業員一同が高い意識でCSR活動に取り組むことで社会や環境と共栄共存できる健全な経営を目指すことでKAWABEグループはより良い企業として社会やお取引様に認知され、持続的な成長と社会への貢献を実現することを目標とする。

 

KAWABE 3F(スリーエフ)について

「For the People」・・・人々の為に何ができるか考えよう。
「For the Future」・・・未来の為に何ができるか考えよう。
「For the Company」・・・企業、会社の為に何ができるか考えよう。

 

KAWABEグループの考えるCSR

KAWABEグループではCSR(企業の社会的責任)について幅広く社会と通ずるため従業員一人一人が責任に対する認識を深めることが重要です。
そのためには社内で組織化された各セクションの内部統制を円滑に取ることを課題としております。 各セクションにおいてPDCAサイクルに則り、年間の活動計画の選定、行動計画のレビュー、コンプライアンス体制の見直しと改善、マニュアル遵守等とそれらの定期的な確認更新を行っております。

主な取り組み


  • 内部統制の強化(環境管理委員会、危機管理委員会、VE,VA委員会、5S推進委員会、広報委員会)
  • コンプライアンスの強化
  • 人権の尊重
  • 人材の育成、教育
  • 地球環境保全への取り組み
  • 社会貢献活動の推進
  • 社会的課題や問題及び環境課題解決型の推進活動

KAWABEグループのCSR組織体制

Copyright(c) 河辺商会. All Rights Reserved.